フリーダムフリー

IT企業の営業をしています。気軽に読んでもらえるような『自由』なブログを目指します。内容はなんでもありのフリーダムです。極度に寂しがりなので、シェアハウスに住みたいです。Twitterもしていますので、気軽に声かけてくれると嬉しいです!読者登録もお願いします。

ストレスを溜めないために、日常生活で心がけたいこと!

f:id:otokusetsuyaku:20170809213025j:plain

こんにちは。@サトリ です(Twitterフォローしてね)

もうすぐお盆休みですね。

皆さんの、スケジュールはどうでしょうか?

一般的に『お盆休み』と呼ばれる時期は、

「旧のお盆」や「月遅れのお盆」である8月13日~16日です。

2017年は山の日が8月11日(金)ですので、

お盆休みは11日~16日の6連休の人も多いのではないでしょうか?

仕事がお休みの時は、ひとまず仕事のことは忘れて、

しっかり身体と心をお休みさせて下さいね!

日々のストレスを解放させる期間にしましょう!

 重く、長く続くストレスは自律神経の乱れを招く

f:id:otokusetsuyaku:20170809212914j:plain

私たちは、日々さまざまなストレスの影響を受けています。

仕事や生活のあらゆるものが、

ストレスになる可能性があります。

ストレスを受けやすい人かどうかは、

年齢や性別、職種・住んでいる地域などによっても違いますし、

その人の性格やストレスへの耐性が、

強いか弱いかなど個人差もあります。

 

ストレスも軽いうちなら、

リラックスを心がけるなどで対処できますが、

重く長く続くと、精神的にも肉体的にも疲労困憊してしまって、

自律神経のバランスが乱れて、身体にもさまざまな影響を及ぼします。

こんな経験ありませんか?

職場や学校で憂鬱なことがあると、

お腹が痛くなったり気分が悪くなったり、

という経験をお持ちの人もいるでしょう。

それは、感情と自律神経が連動しているからです。

例えば、恐怖や怒りなど急性のストレスを感じると、

交感神経が極度に興奮し、血圧が上がるなどの症状が現れます。

職場の人間関係など慢性的なストレスがある場合は、

交感神経と副交感神経がバラバラに興奮し、

胃腸の動きが激しくなって下痢や腹痛を起こしやすくなります。

スポンサーリンク

 

ストレスに負けないための日常生活で心がけたいこと

f:id:otokusetsuyaku:20170809213300j:plain

生活リズムを整える

自律神経のバランスをに乱す生活習慣をしていませんか?

生活習慣の歪みを正すだけで、さまざまなストレスから解放されます。

徹夜や夜ふかし、過労、運動不足、過食や偏食、

極端なダイエットなどは自律神経の乱れの大きな原因です。

目指せ!ストレスフリーなダイエットへ♪「青の花茶」

心の中の禁止令を弱める

『休んではいけない』『弱みを見せてはいけない』など、

自分に禁止令を出して、

無意識のうちにマイナスの『人生脚本』を作ってしまっている場合があります。

親や育った環境の影響も大きいのですが、

無理を通すとストレスの原因にもなります。

どうして自分はそう考えるのか客観的に分析したり、

思い切って禁止令を弱めてみることをオススメします!

セルフケアをする

ストレスが溜まっているなと感じたら、

思い切り好きなことだけしてみましょう!

マッサージを受ける、スポーツジムで汗を流す、

旅行に行って気晴らしをするなど、

自分でリラックスできる状態を作り出してみましょう。

運動や趣味、お酒、なんでもいいです。

全国のマッサージ・リラクゼーションサロンの予約サイト-【スグヤクリラク】

素直な感情表現をする

喜び、悲しみ、怒りなどの感情は自然に表すようにしましょう!

無理に感情を押さえ込んでしまうと、

自己の中に不自然な精神エネルギーを蓄積させることになり、

ストレスを抱え込んだり、

感情を不健全に爆発させる元にもなります。

スポンサーリンク

 

 まとめ

精神はバネに似ています。

一時的に縮んでも、次の瞬間の伸びることができれば、

不調に陥ることはありません。

ところが、もしこのバネが縮んだままでいたらどうでしょう。

『職場の人間関係がうまくいかない』

『仕事に行くのが辛い』

『失恋から立ち直れない』

そのような状態が長く続き、

プレッシャーが恒常的になると緊張のバネは働かなくなります。

伸縮することがなく縮んだ状態のまま維持してしまうのです。



そうならないためにできることは、

気分転換を味方につけることです!

苦しみやプレッシャーをいつまでも溜め込まず、

『よし!これで終わり』と自分の中で区切りをつけ、

バネを伸ばしてパーっと精神を解放させる習慣を練習をしましょう。

 

スポンサーリンク