フリーダムフリー

IT企業の営業をしています。気軽に読んでもらえるような『自由』なブログを目指します。内容はなんでもありのフリーダムです。極度に寂しがりなので、シェアハウスに住みたいです。Twitterもしていますので、気軽に声かけてくれると嬉しいです!読者登録もお願いします。

他人と比較して嫉妬するより、自分と比較して成長しよう!

f:id:otokusetsuyaku:20170806194734j:plain

私たちは社会の中で、『常識』と呼ばれるものを基準に、

他者と自分を比較しています。

『大学を卒業したら、すぐに就職をしなければならない』

『○○歳になったらくらいなら、これくらいの年収が欲しい』

『○○歳くらいには結婚したい』

このように、世の中の流れに沿って他人と自分を比べて評価しています。

 日本社会で通用する常識が世界の常識とは限らない

しかし、それはあくまで日本国内だけのことで、

他の国では、そのような『常識』そのものが、

なんの価値も持たないかもしれません。

大学卒業後にすぐに新卒と言う立場で就職しなければ、

その後に正規の会社員になるのが難しいのも、

日本だけの特異な就職システムですし、

『○○歳までに結婚しなければ』という考えも、

国によってまったく異なります。

 

つまり、常識は絶対的なものではなく、

相対的なものというわけです。

 『他人と比較』するのはやめよう

f:id:otokusetsuyaku:20170806195020j:plain

また、他人との比較を続けるている限り、

いつまでたっても完璧な満足を得ることはできません。

どんなに勉強がよくできる人でも、必ず上には上がいるものですし、

お金持ちだって自分よりもさらに資産を持っている人が、

大抵はいるものです。

何かに秀でていても、

別の面では必ず自分より上の人間がいるとすれば、

いつまでたっても自分を1番になれず、

1番になれない自分を常に自覚していなくてはなりません。

スポンサーリンク

 

 『他人と自分』より『自分と自分』を比較しよう

どうせ比べるのであれば、他人と自分の比較ではなく、

同じ自分の中での比較の方がより健全です。

過去の自分と現在の自分を比較し、

『かつての自分よりも今の自分の方が好きだ!』

と言えるようになればいいのです。

 

人間は、これまでの自分のレベルより、

少し上に上がった時、大きな喜びを感じます!

 

『昨日できなかったことが、今日できるようになった!』

『昨年まで全くできなかった英会話が、努力の結果、

今年は少しづつずつでも喋れるようになった!』

 

このようなレベルアップは大きな喜びをもたらします。

まとめ

f:id:otokusetsuyaku:20170806194959j:plain

人間は自分の人生の物語の起承転結を、どれくらいに意識できるかで、

人生における幸福感は変わってきます。

自分という人生の物語の作者は、自分以外にありません。

他の誰も、あなたの人生の物語の作者になることはできません!

ならば、思いっきり自分の人生を楽しんだ方がいいですよね?

 

それには、いつも他人を引き合いに出して、

『○○さんはこうだけど、私はここがダメだ』と落ち込むよりは、

『私も数年前に比べたら、○○もできて、だいぶ成長したな』

と喜びを感じる物語の方が楽しいですよね!

スポンサーリンク