フリーダムフリー

IT企業の営業をしています。気軽に読んでもらえるような『自由』なブログを目指します。内容はなんでもありのフリーダムです。極度に寂しがりなので、シェアハウスに住みたいです。Twitterもしていますので、気軽に声かけてくれると嬉しいです!読者登録もお願いします。

運動不足と疲れやすいの解消には、日常の運動量を上げることで改善できる!

f:id:otokusetsuyaku:20171207201141j:plain

最近、運動不足と疲れやすさを感じています。

あなたはどうでしょう?

大人になってから、運動をするという習慣がなくなってませんか?

 

「運動不足」「疲れやすい」という2つの悩みはまとめて解決できます。

 

運動不足が解決すれば、疲れにくくなり、軽やかに動ける体になるので、さらに運動量が上がります。

そうした好循環を目指し、生活習慣を改善しましょう!

エクササイズより日常対策

運動といえば、ランニングや水泳とみたいな「エクササイズ」をイメージしやすいですが、運動が苦手で体力がない。。という理由で二の足を踏む人が少なくありません。

 

しかし実は、特別なエクササイズをしなくても、日常の運動量を増やすだけで、「運動不足」や「疲れやすさ」は改善します!

 

それに、パソコンで仕事をする人は、長時間座りっぱなしになりやすいですよね?

長時間同じ姿勢を続けると、目や首、肩周りの筋肉も疲労するなど、さまざまな体の不調を引き起こします。

 

こうした悩みをまとめて解消するにも、「日常の運動量を増やす」ことこそが重要なのです。

 

そのために、ぜひ身につけたいのは、「新しい」日常の運動習慣です。

 

例えば、目的の駅の少し前の駅で降りて歩いてみませんか?

もしくは、車通勤の人は思い切って電車通勤に変えてみませんか?

 

大人の男性の場合、1日の平均歩数は6984歩です。女性は6029歩です。

厚生労働省は2017年9月21日、「平成28年国民健康・栄養調査結果の概要」を発表した。それによると成人の一日あたりの平均歩数は男性で6984歩・女性で6029歩であることが分かった。国民健康・栄養調査:調査一覧ページ

健康維持の目安とされている「1日1万歩」には3分の1程足りません。

1万歩は大体7キロメートルなので、2キロくらい足りませんね。

以下で説明する新習慣を作って試してみましょう!

スポンサーリンク

 

①1駅ウォーキングをする  

例えば、名古屋駅の次の駅の伏見駅までは、1.4キロです。

f:id:otokusetsuyaku:20171205215837g:plain

ヤフー路線で調べれば距離がどれくらいかわかるので、その辺は調整してみてください。

東京なんかの都心では2駅分くらいが、ちょうどいい距離だと思います。

 

また、考える仕事や、オーディオブックを聴く時間をその時間に当てれば、時間を有効活用できて習慣にしやすいです。

スキマ時間にはビジネス書を「聴く」。オーディオブックのFeBe

②階段上りエクササイズ 

f:id:otokusetsuyaku:20171207201404j:plain

最も手軽にできる運動の1つが「階段上り」です。

3フロア程度の移動はエレベーターを使わず階段で上がることを基本にしてみましょう。

 

上りでは

  • 階数の上限はなし。まずは3階分を目安に頑張る
  • 1フロア分など、短い距離は「駆け上がる」
  • 膝の関節が痛い時は、絶対にやらない(無理をしない)

 

下りでは

  • 下りは膝に負担がかかりやすいので、多くても3階以内にする
スポンサーリンク

 

③「スタンド&ウォーク」を心がける

パソコンで長時間作業が多い人は、意識して立ち上がり、短時間でも歩く「スタンド&ウォーク」を心がけましょう。

長時間同じ姿勢で画面を見つめ続けると、「VDT症候群」になる危険があります。

VDT症候群とは、コンピュータディスプレイなど表示機器(総称して Visual Display Terminal、VDT と呼ばれる)を使用した作業(VDT作業ともいう)を長時間続けたことにより、に支障をきたす病気のことである。別名テクノストレス眼症とも呼ばれる

VDT症候群 - Wikipedia

今はアップルウォッチに代表されるスマートウォッチにも、一定時間座った姿勢を続けると警告表示がでる機能が内蔵されているのも多いですので、活用してみるのもいいかも?

f:id:otokusetsuyaku:20171205222035p:plain

警告されたら、すぐ立ち上がって歩くクセをつけましょう!

まとめ

運動不足は「日常の運動量を上げる」だけで、大きく改善されます。

ただ、運動習慣のない人は、まずはできる範囲内から始めて体を慣らしましょう。

例えば、出勤時に歩くのもいいですが、慣れるまでは、仕事に差し障りが出るかもしれないので、まずは帰宅時に行うのがいいと思います。

最初はしんどいかもしれませんが、徐々に疲れにくい体に変わっていきますよ。

また、この「ウォーキングティーチャーインソール」は、特殊ゲルのラインが「足裏の体重移動」を自然にガイドしてくれる優れものです。

また、つま先の傾斜6°のゲル素材が、足指のグリップを促します。

足裏から脚全体の筋肉をバランスよく使って、疲れにくい&効率的な理想の歩きぐせが身につきます。

 

お得情報満載のブログも運営していますので、コチラもよろしくお願いします!

お得節約・稼げる-とくろぐ-

スポンサーリンク