フリーダムフリー

IT企業の営業をしています。気軽に読んでもらえるような『自由』なブログを目指します。内容はなんでもありのフリーダムです。極度に寂しがりなので、シェアハウスに住みたいです。Twitterもしていますので、気軽に声かけてくれると嬉しいです!読者登録もお願いします。

過去と他人は変えられない!自分と未来を変える方法!

f:id:otokusetsuyaku:20171011212205j:plain

仕事や副業やお金を稼ぐための作業をしていれば、誰でも転勤・異動・スランプ・やる気が出ないなど、本当に色々なことがありますよね。

 

そうなった時、

「やりたいことができない」

「評価されない」

「思い通りにならない」

「そもそも仕事がつまらない」

 

なんて、思いながら仕事に向かうこともあるのではないでしょうか。

 

このような思いに支配されてしまうと、もう仕事における色々な出来事に対して、マイナス面しか見えなくなり、負のスパイラルに陥ってしまいがちです。

 

こんなふうになった時、どうすれば負のスパイラルに陥らず、ポジティブに仕事に取り組むことができるようになるでしょうか。

 

私がオススメするのは、いつもの考え方と感じている視点を一度変えてみることです。

 

自分ではどうにも変えられないことより、自分で変えることができることに視点を移してみるのです。

スポンサーリンク

 

過去と他人は変えられない

例えば、「意見が通らない」と悩む人もいるでしょう。

「どうしてわかってくれないんだろう」と、イラっとしたりすることもあるかもしれません。

 

これは、「自分は正しくて、相手が間違っている」という前提のもと、正しい自分の言うことを『わかってもらえない』ことに対してイライラしているわけです。

 

「過去と他人は変えられない。しかし、いまここから始まる未来と自分は変えられる」と言ったのは、エリック・バーン。カナダの心理学者です。

聞いたことがある人も多いと思います。

過去と他人は変えられない。しかし、いまここから始まる未来と自分は変えられる。エリック・バーン。カナダの心理学者。

 エリック・バーンの名言|

ハッキリ言って、こちらの意見を受け入れてくれない人を、自分の思い通りにしようとしても難しいです。

 

意見を受け入れなかったのには、その人なりの理由が必ずあります。

 

ですので、一度、自分の視点を変えて、自分で変えられることに焦点を当ててみましょう。

そうすると、冷静になって意見が通らない理由を考え、その理由に対する答えを見つけるという、とても建設的でポジティブに捉えることができるようになります。

 

変えられるものは、「自分と未来」です。

そして、自分と未来を変えるためには、思考と行動を変える必要があります。

【イトーヨーカドーネット通販】

まとめ

f:id:otokusetsuyaku:20171011212359j:plain

例えば、普段使っている言葉遣いを変えてみませんか?

 

「できそうにない」「不安だ」「おそらく無理だ」「めんどくさい」など、いつもネガティブな言葉が頭に浮かんだり、ついつい口から出てしまうならば、

 

逆に肯定的な言葉「なんとかなる」「大丈夫」「すぐできそうだ」に置き換えてみるだけで、気持ちが全然変わります。

 

いずれにしても、自分をポジティブに変化をさせるためには、思考と行動を変えるということが大切です。

スポンサーリンク